東アジア・中国・台湾 - 下北沢駅南口徒歩2分!にオープンした音楽レーベル運営のダンススタジオ jazzy sport shimokitazawa。キッズから大人まで初心者の方から安心して受講できます。 |dance studio|下北沢 ダンススタジオ|下北沢 ヨガスタジオ|ミスタードーナツの近くです。 ビルの入り口にある奇抜な看板は下北沢の名物。その階段を上がればワンフロア、360度広がるレコードの山、山、山。日本有数のレコードタウンとして国内外から多くのレコード好きが訪れる下北沢の中でも老舗中の老舗が輸入中古レコード店〈フラッシュ・ディスク・ランチ〉。 その翌年に修学旅行で東京に来た時にビル全体がcdショップ(厳密にはそのうちの4フロアだったが)というような六本木ウェイヴを見ていたので、渋谷でタワーレコードを発見した時にもそれほど感動はな … 日本 東京の人気観光名所72選!デートから旅行まで楽しめる東京観光地をエリア別制覇, ・  東武東上線のアルバイト・バイト・パートを探すなら【タウンワーク】。ご希望のエリア・職種・給与で探せるから、あなたにピッタリのアルバイト・バイトが見つかる!東武東上線のお仕事探しは業界トップクラスの求人数を誇る【タウンワーク】をご利用ください。 > 下北沢駅南口から徒歩で3分ほど緩やかな坂を下っていくと『mona records おんがく食堂』があります。 通りから脇道に入ったところに階段があるので、お店のある2階へ! お店の名前にあるように、ここは“モナレコード”が手がけるカフェ。 2019年3月16日(土)より、各劇場への最寄り改札口は、 下北沢駅・小田急線「東口」、京王井の頭線「京王中央口」です。 ella records (小さなレコード・ショップ)。都心から少し離れた幡ヶ谷と代々木上原の間に位置する西原の街並み。採光の良い大きな窓。ウッディ且つアンティークな内装。国内での仕入れ以外にも毎月の海外買い付けからセレクトしたヴィンテージ・レコードを販売。 大田区のバイト・アルバイト・パートの求人情報一覧です。短期や単発、高時給、日払い、掛け持ちのなど、たくさんのバイトルオリジナル求人やハローワーク求人情報の中から、あなたにピッタリの仕事探し!バイト・アルバイト・パートの求人を探すなら、【バイトル】にお任せください。 東京都世田谷区北沢2-12-13細沢ビル4f tel : 03-3410-6080 水曜日定休 平日 12:00-25:00 / 土日祝 11:00-25:00 大田区のバイト・アルバイト・パートの求人情報一覧です。短期や単発、高時給、日払い、掛け持ちのなど、たくさんのバイトルオリジナル求人やハローワーク求人情報の中から、あなたにピッタリの仕事探し!バイト・アルバイト・パートの求人を探すなら、【バイトル】にお任せください。 第三章 Distortion And Me ★前回の話はこちら。 ※本連載は第20回です。最初から読む方はこちら。 * 1995年11月25日土曜日、夕刻。 僕は、タワーレコード新宿東口店の試聴機前にいた。大展開されていたのは、サニーデイ・サービスが発売したばかりのシングルEP〈恋におちたら〉。 運営会社 【新着求人多数】町田市のアルバイト・パート求人情報ならタウンワーク。高時給、短期・日払い、未経験ok等の人気求人が満載!給与・シフト等の充実した条件検索と、面接対策等のお役立ち情報で、あなたのバイト探しを全力サポート! 下北沢駅南口から徒歩で3分ほど緩やかな坂を下っていくと『mona records おんがく食堂』があります。 通りから脇道に入ったところに階段があるので、お店のある2階へ! お店の名前にあるように、ここは“モナレコード”が手がけるカフェ。 さらにこの「てっちゃん」の中にポップアップショップとして アナログレコード専門店「HMV record shop」もオープンします。渋谷、新宿、吉祥寺に続く4店舗目は下北沢です。 曽我部恵一が店主を務める「カレーの店・八月」が、2020年4月10日、下北沢にオープンした。コロナ禍真っ只中ということもあり、テイクアウト中心でスタートしたが、店内でも飲食をすることももちろ … 【関西のバイト選びならバイトル】時給1200円以上、短期バイト・日払いのアルバイト等、人気のバイトルオリジナル求人やハローワーク求人情報が満載。バイトルなら地図検索で自宅近くの仕事を探したり、動画で職場の雰囲気を知る、さらにバロメータで応募状況も確認できる! ビルの入り口にある奇抜な看板は下北沢の名物。その階段を上がればワンフロア、360度広がるレコードの山、山、山。日本有数のレコードタウンとして国内外から多くのレコード好きが訪れる下北沢の中でも老舗中の老舗が輸入中古レコード店〈フラッシュ・ディスク・ランチ〉。 下北沢といえば、おしゃれでどこか懐かしさも感じられる街。そんな街で至福のランチタイムを楽しみたい♪今回はワンコインで食べられる安いランチからおしゃれなお店まで19店を厳選!下北沢の人気グルメ、カレーの紹介もあります!是非参考にしてみてください! 第三章 Distortion And Me ★前回の話はこちら。 ※本連載は第20回です。最初から読む方はこちら。 * 1995年11月25日土曜日、夕刻。 僕は、タワーレコード新宿東口店の試聴機前にいた。大展開されていたのは、サニーデイ・サービスが発売したばかりのシングルEP〈恋におちたら〉。 Indeed.com でギターの577件の検索結果: 講師、ランチのみ 小さなコンサートホール併設のカフェ、販促デザイナーなどの求人を見る。 下北沢駅南口徒歩2分!にオープンした音楽レーベル運営のダンススタジオ jazzy sport shimokitazawa。キッズから大人まで初心者の方から安心して受講できます。 |dance studio|下北沢 ダンススタジオ|下北沢 ヨガスタジオ|ミスタードーナツの近くです。 1996年にhideが立上げたファッション・雑貨のブランド「LEMONeD」の公式サイト。ニュース、店舗情報、通販、Blog、メールマガジンなどのコンテンツが満載。 洋服(古着)買取、バッグ買取を中心に、ハイブランド品から家具家電まで幅広く中古品買取と販売を、全国500店舗以上やオンラインストア(WEB買取)で行う総合リユースショップです。 その翌年に修学旅行で東京に来た時にビル全体がcdショップ(厳密にはそのうちの4フロアだったが)というような六本木ウェイヴを見ていたので、渋谷でタワーレコードを発見した時にもそれほど感動はな … 東武東上線のアルバイト・バイト・パートを探すなら【タウンワーク】。ご希望のエリア・職種・給与で探せるから、あなたにピッタリのアルバイト・バイトが見つかる!東武東上線のお仕事探しは業界トップクラスの求人数を誇る【タウンワーク】をご利用ください。 下北沢の演劇・音楽・お笑い・映画・イベントなどのエンターテインメント情報や新規オープンや話題のお店情報などを掲載、下北沢に特化した地域メディアです。下北沢で1番好きなラーメン、下北沢忘年会などのイベントも主催しています 東京都の世田谷区にある下北沢は、多くの雑貨店や古着店が軒を連ね、学生やインテリア、洋服好きな人から注目を集めている場所です。, 東京から行くことができる関東の日帰り温泉おすすめ12選!家族風呂や海が見える温泉もあり, 東京都内のおすすめナイトプール10選!人気スポットの見所、営業時間やアクセス、料金を紹介. お客様各位永らくcisco recordsをご愛顧頂きありがとうございました。cisco recordsは平成20年10月31日をもって廃業いたしました。突然の廃業にて今までご利用頂きましたお客様に多大なるご迷惑をお掛けします事、深くお詫び申し上げます。長い間cisco recordsを支えて下さった皆様に感謝と共に深く … 下北沢と言えばストリートファッションの街。たくさんの古着屋が立ち並びます。今回はその中でも古着好きが通い詰めるおすすめ古着屋をご紹介致します。ここであなたもきっとお気に入りの一着が見つかるはず!(なお情報は記事掲載時点のものです。 下北沢駅前食品市場に出店していた頃のてっちゃん. ella records 〒151-0066 東京都渋谷区西原1-14-10 ☎03-6407-0013 open 14:00 close 20:00 月曜定休 レコードをディグるなら外せない場所。 今回の案内人でもある垣畑真由ちゃんが働いている「ディスク ユニオン 下北沢 クラブミュージックショップ」は総合店である「ディスク ユニオン 下北沢」と同じフロアに併設されている。 1996年にhideが立上げたファッション・雑貨のブランド「LEMONeD」の公式サイト。ニュース、店舗情報、通販、Blog、メールマガジンなどのコンテンツが満載。 洋服(古着)買取、バッグ買取を中心に、ハイブランド品から家具家電まで幅広く中古品買取と販売を、全国500店舗以上やオンラインストア(WEB買取)で行う総合リユースショップです。 レコードの一覧ページ。ハードオフではレコードの情報を毎日更新中です!ネットモールは、全国で中古品を扱うハードオフコーポレーションの公式総合中古通販サイトです。 2019年3月16日(土)より、各劇場への最寄り改札口は、 下北沢駅・小田急線「東口」、京王井の頭線「京王中央口」です。 下北沢駅前食品市場に出店していた頃のてっちゃん. Indeed.com でギターの577件の検索結果: 講師、ランチのみ 小さなコンサートホール併設のカフェ、販促デザイナーなどの求人を見る。 お客様各位永らくcisco recordsをご愛顧頂きありがとうございました。cisco recordsは平成20年10月31日をもって廃業いたしました。突然の廃業にて今までご利用頂きましたお客様に多大なるご迷惑をお掛けします事、深くお詫び申し上げます。長い間cisco recordsを支えて下さった皆様に感謝と共に深く … ヴィジュアル系、v-rockの買取り販売専門店。20年の実績だから出来る信頼の「ヴィジュアル系専門プレミア音楽館 ピュアサウンド」。新品cd dvd、廃盤中古cd dvd、ツアーパンフ デモテープ、アーティストグッズ チェキなどヴィジュアル系アイテムなら全てがここにあります! Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 下北沢で魅力的な本屋・古本屋を巡りたい、読書に最適なブックカフェ・喫茶店を見つけたい、というときは参考にしてみてください。 下北沢はライブハウスや劇場が多く、サブカル的なエネルギーに満ち溢れたまちです。 下北沢 レコード バイトの求人・転職情報を掲載ならリクルートが運営する【はたらいく】!「未経験ok」「正社員登用あり」「学歴不問」など、いろんな条件からあなたにピッタリの仕事が見つかります!今しか見れない求人も多数掲載中。今すぐチェック! さらにこの「てっちゃん」の中にポップアップショップとして アナログレコード専門店「HMV record shop」もオープンします。渋谷、新宿、吉祥寺に続く4店舗目は下北沢です。 東京, 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。, 東京都の世田谷区にある下北沢は、古着、音楽、アート、演劇など、特有のサブカルチャーを発信し続けている街です。, 駅の南口と北口にはそれぞれ大きな商店街が広がり、飲食店や洋服店など、さまざまなお店があります。, 駅北口の商店街は、ブランド品からヴィンテージまで幅広いジャンルの服を集めた古着店が並び、店主のセレクトが光る個性的な雑貨店も数多くあるのが特徴です。, 駅南口の商店街には、飲食店や雑貨店が所狭しと並び、少し駅を離れると穴場のスポットが見つかるエリアとなっています。, そんな下北沢の定番から地元民が足を運ぶ穴場まで、グッと厳選したおすすめ観光スポットを紹介するので、お出かけの際は、参考にしてみてください。, 下北沢駅北口に広がる、「下北沢一番商店街」には、早朝の早い時間帯しか見られない光景があります。, 各店舗が閉まってからオープン準備が始まり、シャッターが開くまでの時間だけ、各店舗のシャッターに描かれたアートを鑑賞できます。, シャッターアートはサブカルチャ―の聖地ともいわれる下北沢らしいユニークな取り組みです。, 写真のシャッターは、綺麗に描かれた花はもちろん、共に描かれたキャラクターの愛らしさに目を奪われます。, 独創的な配色、個性的なキャラクターが描かれた絵は思わず足を止めて眺めてしまいます。, 一歩歩くたびに、まったく違う世界観の絵を眺められるので、飽きることなく街歩きを楽しめますよ。, また、お店とシャッターアートがリンクしている場所も多々あるので、シャッターアートを見ながらどんなお店なのかを想像するのもおすすめの楽しみ方です。, 11時前後には完全にほとんどのお店が開店するので、朝の8時から9時あたりが観光で足を運ぶならねらい目。, 可愛い動物たちが描かれた明るい雰囲気の駐車場には、車を使っていなくとも惹かれます。, 駅北口から徒歩5分、劇場経営者の本多一夫の「演劇を志す若者に活動の場を提供したい」という思いから生まれたのが「ザ・スズナリ」です。, どこかレトロな雰囲気を漂わせる劇場ですが、下北沢が演劇の街といわれるきっかけになった劇場で、多くの演劇を志す若者を支えてきました。, 劇場の横には、その日公演中の舞台に関するチラシやタイムテーブルが載せられているので、気になる舞台を見つけたらチケットを購入して観劇してみましょう。, このエリアは「スズナリ横丁」と呼ばれ、1980年代のレトロな路地裏のような情緒を感じさせます。, 下北沢の数ある劇場の中でも一番の規模、386席というキャパシティの大きなこちらの劇場は、有名俳優が出演する演劇が多く行われています。, 意外と知られていないのが、劇場の地下駐車場には有名人の手形を集めた「星々の手形」というエリア。, 劇場の1F部分にあたるスペースは、「マルシェ本多劇場」と呼ばれ買い物を楽しめます。, 2018年時点でマルシェには、本屋さんから始まり、数多くのユニークな雑貨を取り揃えていることでも知られる「ヴィレッジバンガード」が入っています。, 本多劇場から歩いて1分程の場所には、現在上映中の作品、次回上映作品の案内板があります。, 駅北口から徒歩2分、各地に店舗のある雑貨店「ヴィレッジヴァンガード」ですが、こちらの下北沢店は特にサブカルチャーの聖地だけあり、商品のエッジや店員さんの書くポップの個性がユニークと評判です。, 店舗の入り口から「エキセントリックブックストア!」と書かれたパンクなポップで訪れた人を出迎えてくれます。, 店頭で売られているサンダルや入口すぐのカットソーなど、洋服店に入ったかと間違うような商品のラインナップも見所です。, そのため、店内のエリアの一角には絵本から漫画、小説、実用書までさまざまなラインナップの本が並んでいるのも魅力です。, 店員さんの本紹介ポップ付きで、個性的な本が並べられているので、意外な一冊に出会えることも!, 店内を歩いていると、パーティーグッズから面白系のグッズまで、バラエティ豊かな商品があります。, その中には実用性のある水筒やタンブラーなどの商品もあるので、自分が必要としていたグッズや掘り出し物を探してみるのも良いですね。, 一見、売れにくいように見えるティッシュケースも、店員さんのポップの力があれば不思議と魅力的な一品に見えくるから不思議です。, ケースの重厚感と「インテリアをぶち壊す」というインパクト抜群のポップが商品の魅力を引き立てています。, その他にも、意外な角度からのツッコミや商品紹介があり、それを見ているだけで楽しめるお店です。, こちらに普段は安置されている大きな天狗を使った「しもきた天狗祭り」は、「世田谷百景」にも選ばれています。, 白を基調としたシンプルな内装が、飾られている絵の魅力を最大限に引き出している印象。, ギャラリー内では、ポストカードなど気軽に買えるグッズもあるので、観光の思い出に購入してみましょう。, こちらのお店には、有名作家の作品から、古典文学、絵本まで幅広いジャンルの本が取り揃えられています。, 古書店ながら、現役で活躍している作家の本も数多く取り揃えられているので、古本店初心者の方でも気軽に入れます。, 駅南口から徒歩8分、閑静な住宅街を通り抜け、坂道を進んだ先にあるお寺が「森巖寺」です。, 下北沢の中心エリアから少し離れた場所にあるこちらのお寺は、「淡島の灸の森巌寺」として世田谷100景にも認定されています。, その建立は1600年の前半と歴史あるお寺なので、レトロスポットや歴史好きな方にもおすすめな観光スポットです。, こちらのMAPを見ながら回れば、どこが本堂で、どこがその他のお堂なのか混乱せずにお参りができます。, こちらは大黒様、医療と医薬の神の少彦名神を祭り、大人から子供まで訪れた人にご利益を授けてくれるといわれる 下北沢と言えばストリートファッションの街。たくさんの古着屋が立ち並びます。今回はその中でも古着好きが通い詰めるおすすめ古着屋をご紹介致します。ここであなたもきっとお気に入りの一着が見つかるはず!(なお情報は記事掲載時点のものです。 パワースポット Pontaポイントが付いてお買い得。コンビニでの受け取りで送料無料。即日配送で最短翌日のお届け。(一部地域・一部商品) 下北沢で魅力的な本屋・古本屋を巡りたい、読書に最適なブックカフェ・喫茶店を見つけたい、というときは参考にしてみてください。 下北沢はライブハウスや劇場が多く、サブカル的なエネルギーに満ち溢れたまちです。 HMVの中古品の通販サイトはいつでも10万点以上の品ぞろえ!お探しのCD・レコード・DVD・Blu-ray・本・ゲームソフトが見つかるかも!? 更新日:2020/12/26 中古レコードのオンラインショップ(ネット通販)のランキングリンク集。日本全国にある『中古レコード』を販売しているお店が並んだ専門店街です。ショップによる更新情報も随時配信 … レコードの一覧ページ。ハードオフではレコードの情報を毎日更新中です!ネットモールは、全国で中古品を扱うハードオフコーポレーションの公式総合中古通販サイトです。 top 更新日:2020/12/26 中古レコードのオンラインショップ(ネット通販)のランキングリンク集。日本全国にある『中古レコード』を販売しているお店が並んだ専門店街です。ショップによる更新情報も随時配信 … 【新着求人多数】町田市のアルバイト・パート求人情報ならタウンワーク。高時給、短期・日払い、未経験ok等の人気求人が満載!給与・シフト等の充実した条件検索と、面接対策等のお役立ち情報で、あなたのバイト探しを全力サポート! 神田神保町にあるレコード社は、レコードの歴史、レコード文化の継承をモットーとする1930年創業の老舗店です。3階建てのビルにアナログLP・EPレコード、SPレコード、cd、蓄音器まで、幅広くお取り扱いしております。レコードの買取も行っております。 ELLA RECORDS SHIMOKITAZAWA 〒155-0031 世田谷区北沢2-25-8 東洋興業ビル3F-3A-3 2-25-8 Kitazawa Setagayaku Toyo-kogyo Building3F-3A-3 ☎03-6407-0360 OPEN 14:00 CLOSE 20:00 月曜定休 池袋店のアクセス、地図、営業時間やイベント、セール情報などをご紹介します。新品cdからレコード、紙ジャケ、中古のレア盤など各種を取り扱う、ディスクユニオンの店舗紹介ページです。 下町の素朴さとあたたかさを残しつつ、カルチャーが生まれる場所として親しまれている下北沢。ここが地元で、この街で育ってきたからこそ見える景色がある。The Wisely Brothers・真舘晴子さんにとっての〝下北沢〟を聞いた。 東京都内のおすすめナイトプール10選!人気スポットの見所、営業時間やアクセス、料金を紹介, ・  Copyright (C) 2016-2019 TABI CHANNEL(タビチャンネル) All Rights Reserved. 下北沢といえば、おしゃれでどこか懐かしさも感じられる街。そんな街で至福のランチタイムを楽しみたい♪今回はワンコインで食べられる安いランチからおしゃれなお店まで19店を厳選!下北沢の人気グルメ、カレーの紹介もあります!是非参考にしてみてください! バンド活動を続けながら、高校3年の卒業間近に、下北沢カルチャーの一端を担う店、レコードショップとカフェを併設する『city country city』でアルバイトを始める。 そこでは様々な出会いが … ella records 〒151-0066 東京都渋谷区西原1-14-10 ☎03-6407-0013 open 14:00 close 20:00 月曜定休 下北沢 レコード バイトの求人・転職情報を掲載ならリクルートが運営する【はたらいく】!「未経験ok」「正社員登用あり」「学歴不問」など、いろんな条件からあなたにピッタリの仕事が見つかります!今しか見れない求人も多数掲載中。今すぐチェック! 下北沢駅 南西口から徒歩1分。音楽レーベルjazzy sportのスタジオ併設ミュージック・アパレルショップ -jazzy sport shimokitazawa- 東京のグルメスポット40選!東京観光時に欠かせない人気のおすすめグルメを厳選!, ホーム 「日々を小さなフェスティバルに」 下北沢駅徒歩2分のライヴスペース&おんがく食堂。新鮮な音楽、おいしい料理とお酒、とっておきのコラボレーションをご用意してお待ちしています。 > 東京都の世田谷区にある下北沢は、古着、音楽、アート、演劇など、特有のサブカルチャーを発信し続けている街です。 駅の南口と北口にはそれぞれ大きな商店街が広がり、飲食店や洋服店など、さまざまなお店があります。 駅北口の商店街は、ブランド品からヴィンテージまで幅広いジャンルの服を集めた古着店が並び、店主のセレクトが光る個性的な雑貨店も数多くあるのが特徴です。 駅南口の商店街には、飲食店や雑貨店が所狭しと並び、少し駅を離れると穴場のスポットが見つかるエリアとなってい … - 先日、タイムラインで見た相互フォローのライターさんのツイートにあった「今パチンコ屋になってるビルにHMVがあって、LOFTの1FにWAVEがあった頃」というワードが鮮烈に印象に残り、確かに私もその頃の渋谷にはとても思い入れがあると思っていた。そして、その期間は約5年ぐらいであった。, イギリスの大手CD販売店チェーン、HMVが日本に進出し、その第1号店を文化村通りのONE-OH-NINEにオープンさせたのは1990年11月16日であった。また、1987年11月21日にオープンした渋谷西武ロフト館は後に渋谷ロフトに名称が変わったが、その1階にはウェイヴ渋谷店があった。1995年3月10日にタワーレコード渋谷店が宇田川町から現在の場所に移動し、売場面積を大幅に拡張するが、その年の秋にウェイヴ渋谷店は渋谷ロフトの1階から6階に移転した。HMVは1998年にセンター街の万葉会館があったビルに移転し、売場面積を拡張した。ONE-OH-NINEには1995年7月7日にパチンコ店のマルハンが入り、マルハンパチンコタワー渋谷と呼ばれるようになっていた。HMV渋谷店の移転に伴ってマルハンは増床し、パチンコ店のビルというイメージがさらに強くなった。そして、マルハンパチンコタワー渋谷は2016年1月17日に閉店し、現在は2017年5月12日にオープンしたMEGAドン・キホーテ渋谷店になっている。, 最近、ブログを書くにあたって1991年ぐらいのことをよく思い出したり調べたりしていたこともあり、なんだか懐かしくなったので、ちょっとした空き時間を利用して久しぶりに渋谷に行ってきた。, そう、久しぶりなのである。1990年代のある時期にはほぼ毎日行っていた渋谷に行く機会が、いまではすっかり減ってしまった。それは、私がなぜ渋谷に行っていたのかという理由にも関係している。, 当時と同じように、そして、現在も渋谷に行くとすればそうするように、京王井の頭線で行った方がよりリアルに懐かしめたのだろうが、この日はその前に高円寺と丸の内で用事があったため、東京メトロ銀座線での移動となった。, とはいえ、渋谷駅の構内を通り、いつもと同じように渋谷マークシティのエレベーターで下りて街に出るので、ここからはいつもと同じである。スクランブル交差点があり、渡った先にはSHIBUYA TSUTAYAなどが入っているQFRONTがある。Q's EYEと呼ばれる街頭ビジョンから広告の映像が流れているのだが、その左右のビジョンからもまったく同じものが同時に流れている。信号が青に変わるのを待っていると、AKB48の新曲が発売されたことを告知するアド・トラックが走って行った。この後、街を歩いていると、いろいろな場所でこの曲の広告が音声で流れていた。, 私が渋谷にあまり行かなくなった理由としては、1998年に職場がかなり遠くなったというのが一番大きいが、それでも休日には行っていて、移転して広くなったばかりのHMVでCDを買ったりしていた。その後もたまには行っていたのだが、気がつくとどんどん自分にとってはあまりおもしろくない街になっていた。最後に覚えているのは1999年の夏、当時の職場のアルバイトだった女子大学生とその友人と遊んだことで、赤坂ブリッツで行われるスウェードのライブのことで携帯に電話したらちょうど渋谷にいるということだったので合流し、カラオケやゲームセンターに行ったりした。プリクラに落書きができるようになったことを、その時にはじめて知った。この年の12月にQFRONTが、そして、翌年に「オトナ発信地」をコンセプトとする渋谷マークシティがオープンしたのであった。, このQFRONTと渋谷マークシティができてから、渋谷に楽しい街というイメージがなくなっていった。それは、この街のコンセプトと私の趣味嗜好とが合わなくなっていったからであろう。また、私が渋谷に行っていた最大の理由はCDと本を買うことだったのだが、それらをインターネット通販で買うようになったのも、ちょうどこの頃からであった。, 東京で一人暮らしをはじめた1980年代の半ば、この渋谷のスクランブル交差点で衝撃を受けた。もちろん人の多さもだったのだが、斜めに渡人なども多いのにもかかわらず、素早くぶつからずにスイスイ歩いている。まるで魚のようだと思った。しかし、しばらくすると私もなんとなく距離感が即座に判断でき、このスクランブル交差点をスイスイと斜めに歩けるようになっていた。この日、平日の午後というわりと人通りの少ない時間帯ではあったのだが、スクランブル交差点をみんな真っ直ぐにしか歩いていないなと思った。気になって調べてみると、ワールドカップだとかの時に一時的に斜め移動が禁止されたりしていたことがあったようだ。私が通った時がたまたまだったのかもしれないが、以前よりも斜めに横断する人は減っているのかもしれない。横断歩道を渡る途中で立ち止まり、写真を撮る人をよく見かけるようになり、これはかつてはいなかったなと思ったのだが、おそらく携帯電話やスマートフォンで写真を撮るということがまだ無かったからだろうと思った。, 私がはじめて東京に遊びに来たのは、1980年の夏休みであった。父に連れてきてもらったのだが、その時は赤坂見附のラジオたんぱや後楽園球場、上野や銀座などに行ったことを覚えている。はとバスのツアーでNHKに行ったので、その時に渋谷に行ったといえば行ったのだが、おそらく街には行っていないのではないかと思う。新宿は乗り換えの時に西口の地下を歩いていたような記憶がなんとなくある。, 次は1983年の秋、高校の修学旅行だったが、上野に集合した後で何時間かだけ東京で自由行動の時間があった。この時の最大の目的はオープンしたばかりの六本木ウェイヴに行くことだったのだが、残りの時間は渋谷で過ごした。まったくあてもなく適当に歩き、おそらく土曜日だたので人がやたらと多かったのだが、帰りにラーメンを食べて集合場所の上野公園に戻った。この頃には渋谷のことを若者の街としてなんとなく認知していたと思う。パルコ出版から発刊されていた「ビックリハウス」を読んでいたので、パルコがある渋谷にはなんとなく憧れをいだいていた。それとそれから、公園通りという響きである。, 1970年代の半ばまで、東京で若者の街といえば新宿だったらしい。渋谷には東急グループの商業施設が多かったというが、西武百貨店を中心とするセゾングループの渋谷パルコが1973年に出店し、若者に絶大な支持を得たのだという。渋谷パルコが面していた道路はかつて区役所通りと呼ばれていたのだが、渋谷パルコの開店と同時に公園通りと呼ぶようになったのだという。パルコがイタリア語で公園の意味であったこと、そして、この道が代々木公園に通じていることがその由来だったという。, 1985年の春から私は東京で一人暮らしをはじめるのだが、当初は渋谷にはあまり行かなかった。住んでいた場所から2駅で池袋に行けたため、レコードや本はオンステージヤマノやディスクポートやパルコブックセンターなどで買っていた。「ビックリハウス」を読んでいて、RCサクセションやイエロー・マジック・オーケストラや糸井重里的なものがわりと好きだった私は、やはりこの時代の多くの文化系の若者と同様に、西武セゾン文化とでもいうものがとても好きだった。西武百貨店と池袋パルコが東口に並ぶ池袋はそのメッカともいえる街で、わざわざ渋谷にまで行く必要性を感じていなかった。やはりセゾングループである六本木ウェイヴには時々、山手線から恵比寿で営団地下鉄日比谷線に乗り換えて行っていた。水道橋の予備校に通っていたので、本は神保町の書泉グランデや三省堂書店、水道橋の旭屋書店などでも買うことができた。, この年の秋、夕方に一人で渋谷に行ったことがあった。駅前で露天商が輸入盤のカセットテープを確か1本1000円で売っていて、私はホイットニー・ヒューストンの「そよ風の贈りもの」と邦題がついたデビュー・アルバムを買った。当時、カセットテープをよく買っていたのだが、住んでいたアパートではおそらく壁が薄いことからステレオの持ち込みが禁止されていて、音楽をラジカセかウォークマンで聴いていたからである。ステレオのレコードプレイヤーだけは持ってきていて、それをラジカセに繋いで再生しようとしたのだが、音がものすごく小さくしか出なかった。レコードは学芸大学か都立大学の近くに住んでいた友人の家に持って行って、カセットテープにダビングしてもらい、それでやっとまともな音量で聴くことができた。ならば、いっそはじめからカセットテープで買った方が早いとう判断である。, 渋谷の街を適当に歩いていると、駅から少し離れた場所にタワーレコードを見つけた。宇田川町の東急ハンズの近くであった。タワーレコードの日本での1号店は札幌で、ここは2店舗目である。札幌のタワーレコードは現在の場所とは違い、五番街ビルという建物の中にあった。兄が札幌の大学に行っているという中学校の友人から情報は聞いていて、いつか行ってみたいと思っていたのだが、1982年の春にやっと行くことができて感激した。その翌年に修学旅行で東京に来た時にビル全体がCDショップ(厳密にはそのうちの4フロアだったが)というような六本木ウェイヴを見ていたので、渋谷でタワーレコードを発見した時にもそれほど感動はなかった。それと、当時はウェイヴのどこかポストモダンな雰囲気が時代とマッチしていたようなところもあり、タワーレコードのアメリカンな感じには個人的にそれほど魅かれなかったというのもある。, それからまた適当にあるいていると大盛堂書店を見つけ、発売されたばかりの村上春樹の「回転木馬のデッド・ヒート」が並んでいたことを覚えている。この本が発売されたのが1985年10月9日ということなので、記憶との整合性も取れている。ここは上の方の階で洋書が売られていたのと、エスカレーターの速度がゆっくりだったような印象がある。おそらく渋谷で最もよく行っていた書店だと思うのだが、しばらく行かないうちに閉店していた。QFRONTの隣の建物に売場面積を縮小して移転したのかと思っていたのだが、あの店は本店が閉店する前からTOKYO文庫TOWERとして営業していて、その後で駅前店になったようである。, QFRONTがあった場所にはそれまでなにがあったのかというと、峰岸ビルという建物で、東急ハンズのロゴの看板などが設置されていた。現在、「SHIBUYA TSUTAYA」の入口があり、チェーン店の中で世界で最も高い売り上げを上げているというスターバックスコーヒーが入った1階には、東海銀行があった。また、現在は大盛堂書店が入っている隣の建物の上には、青い筒状のキーコーヒーの広告が設置されていた。1998年にHMV渋谷店、2010年からはFOREVER 21が入っている建物はかつては万葉会館で、たくさんの飲食店が入っていた。中華料理の白鳳は現在も同じ建物で営業している。, 1980年代にはセンター街にアートコーヒーが運営している飲食店がいくつか入った建物があったと記憶している。地方から出てきたばかりの頃、おしゃれ過ぎるよく知らない店には気後れしてなかなか入れなかったのだが、ここは入りやすくてよく利用していた。ハンバーグステーキのような料理もちゃんとあったのだが、インターネットで調べてみても情報があまり見つからない。あと、やはり1980年代の後半だが、夏休みにお金がなかったのだが、大学の同級生だった熊本出身の友人が東京に戻ってきていて、ご飯をおごるから渋谷で会おうと連絡があった。彼は由緒ある酒蔵の子息だと聞いていたような気がするのだが、実際にお金を持っていて、高級クーペのトヨタ・ソアラを乗り回していた。首都高のドライブとやらに何度か誘われたのだが、ムカつくので行かなかった。好きなものをなんでも食べていいと言って連れていってもらったのは、センター街を少し入ったところにあるビルの2階か3階あたりの中華料理店であった。普通になんらかの単品を注文しようとしたのだが、せっかくおごってやるんだからもっとたっぷり食えよというようなことを言われ、ボリュームが多いセットメニューを頼んだ。おそらく中国人のウェイトレスが注文を取りに来て、「ビッグセット」と繰り返していたのを覚えている。それは本当においしくて、このビッグセットというネーミングも直球で男前で素晴らしいなと感動したのであった。それからしばらくしてこのことを思い出し、その辺りを探してみたのだが、もう中華料理店は無かったし、ビッグセットも二度と食べられない。この店についても情報を求めているのだが、まったく見つからない。, ところで、渋谷センター街をバスケットボールストリートと言い換えようという動きがあったと思う。確かに現在、渋谷センター街に行くと、バスケットボールストリートという表記を見ることができる。しかし、入口には大きくセンター街とも書かれている。渋谷が私にとってあまり魅力がない街に変わっていくにあたって、やはりセンター街の浄化作戦のようなものがあったようだ。マイナビから2013年に出版された「新旧地図で比較する80年代と”いま” 地図から消えた東京物語」という本を見ると、1986年の地図では「渋谷センター街」と表記されていた道が、2013年には「バスケットボールストリート」となっている。区役所通りが公園通りと呼ばれるようになった時のようには普及しなかったということなのだろうか。, ここまでセンター街のことを書いてきたが、当時、私が渋谷に行った時ににはまずはじめに公園通りを通っていた。西武百貨店のところで信号をわたって左折、それから渋谷ロフトのウェイヴに行くのである。イギリスの音楽雑誌「NME」を買いはじめたのは1992年からで、当初は六本木ウェイヴで買っていたが、途中から渋谷のウェイヴで買うようになった。入口を入って左に曲がった所あたりにイギリスのインディー・ロックを特集したようなコーナーがあり、ここに「NME」も置かれていた記憶がある。イギリスでは毎週水曜日に発売され、土曜日には日本にも入荷していたのだが、たまに遅れることもあった。1994年に広告代理店で働きはじめてからは特に、土曜日に渋谷に行き、ウェイヴで「NME」と何枚かのCDを買うことが日常における最大の楽しみであった。現在のようにインターネットはまだ普及していなく、もちろん私にも無縁のものだったので、情報を得たり試聴したりすることが自宅でできるわけではない。西武百貨店のところの横断歩道を渡り、左折して渋谷ロフトのウェイヴに行く、それが新しい音楽体験への扉であった。1994年の春先、カート・コバーンが亡くなったことを知ったのも、この店にいる時だった。, レジで精算を済ませた後は、公園通りに面した出入口から出た。現在は紀伊國屋書店になっている部分である。1990年代には「渋谷系」ご用達のブランド、アニエスベーがあったはずである。すぐ近くに東京山手教会があり、地下に渋谷ジァン・ジァンという小劇場があった。よく観客の列が地上まで伸びているのを見かけた。以前、当時、「今田耕司のシブヤ系うらりんご」という番組に出演していたナインティナインの矢部浩之をこの近くで見たことがある。, この先には公園通りの名前の元ともなった渋谷パルコがあったのだが、現在はもう無い。地下にパルコブックセンターがあり、併設されていた洋書ロゴスもよく利用した。近くにはスペイン坂があり、かつてはTOKYO FMのサテライトスタジオに人だかりができているのを見かけることもあった。雑貨店の大中も人気だったが、2015年4月26日で閉店したようである。, 井の頭通りに出ると右折してタワーレコード渋谷店がかつてあった場所を見に行きたくなるのだが、まずは左折してオープン時のHMV渋谷店があった場所を見に行くことにした。黄色い看板が目立つ味の兆楽という中華料理店が以前からずっとあるのだが、一度も入ったことがない。ディスクユニオンもずっとある。クラブクアトロがある建物はパルコクアトロとして1988年にオープンしたが、1993年には渋谷で2店舗目となるウェイヴにも開店した。その少し前、私はその手伝いをしたことがあり、店頭でホイットニー・ヒューストンが主演した映画「ボディガード」のサウンドトラックを何時間もぶっ続けで聴きながらCDを売ったりしていた。クアトロのウェイヴは「渋谷系」のムーヴメントにも大きな影響をあたえたらしい。クラブクアトロでは1994年にオアシスの初来日ライヴを観たり、パルコクアトロではG-SHOCKやまだ日本では上映前だった「トレインスポッティング」のTシャツを買ったりした。クラフトワーク「コンピューター・ワールド」のジャケットのTシャツはサイズ的にもう着れなくなったのだが、妻が欲しいと言ったのであげた。, パルコクアトロの物販フロアは2008年で営業を終了し、その後はブックオフが入っていたが、それも2018年7月22日で閉店した。現在はクラブクアトロのみが営業されている。, 「渋谷系」に影響をあたえたCDショップろいえばONE-OH-NINEにあった頃のHMV渋谷店であろう。1階の一部で邦楽、地下で洋楽を扱っていた。イギリスから上陸したCDショップということで、当初は洋楽が売りだったと思うのだが、いつしか邦楽がかなりの人気となっていた。センター街に面した入口から入って右側にオープン当時はDJブースがあった。ここの売場が、後に「渋谷系」と呼ばれるような音楽をいつからか扱うようになっていた。入口からのメイン通路を挟んで反対側に当初は邦楽の売場があったのだが、フリッパーズ・ギターのパネルがずっと掛かっていたような気がする。もしかすると別の場所だったかもしれない。, パチンコにもドン・キホーテにもまったく興味がないのでしばらく足を踏み入れていなかったのだが、久しぶりに中に入ってみた。かつて「渋谷系」の売場だった場所は、女性のコスメティックを扱う売場になっていた。渋谷駅の方からセンター街を通って歩いてくると、この手前に門というバーがずっと以前からあって、大人になったら行くのだろうなと思っていたのだが、いまだに行ったことがない。, それから、渋谷BEAMという建物ではいまも中古CD店(新品も扱っているが)のレコファン(が営業されている。かつていろいろな街にあったレコファンだが、現在はこの渋谷BEAM店と横浜西口店のみとなり、横浜の店は2019年1月31日で閉店が決まっているということである。レコファンはかつては東急ハンズの向かい側のビルにあり、ここにはよくCDを売りに行った。同じ建物にフリスコというCDショップもあり、ここではブラー「モダン・ライフ・イズ・ラビッシュ」の「ブルー・ジーンズ」がかかっていて気に入ってすぐに買ったり、スウェードのデビュー・アルバムもここで買った記憶がある。輸入盤が他のCDショップよりも少し安かったような印象があり、ザ・スミスのアナログしか持っていなかったアルバムを一気にCDで買い直したり、ビッグ・スターやニール・ヤングなどの旧譜を買ったりよくしていた。1階には一時期、ディスクユニオンが入っていたような気もするのだが、その後、吉祥寺にあった輸入レコード店、ワルシャワも入っていたことがあると思う。渋谷BEAMには現在、ヨシモト∞ホールが入っていて、吉本興業の若手芸人がライブをやっているのだが、かつてはゲームセンターだったような気がする。近くにリバプールというレコード店があって、何枚か買ったとは思うのだがよく覚えていない。, その近くにノア渋谷という建物があり、この中にかつて「渋谷系」の人たちにとても人気があったZESTというCD店があった。レコード袋のデザインはいろいろ変わったのだが、紫色だった頃のがとても人気があったような印象がある。店内はマンションの一室であり、カジヒデキが店員として働いていたりもした。私も何度か行ったことがあるが、プレミア価格がついたレア盤などを買えるはずもなく、どこにでも売っているようなセイント・エティエンヌだとかのレコードを買っていたと思う。ノア渋谷の中には、他に海賊盤的なレコードやビデオを扱っている店もあった。当時、インターネットも普及していなければもちろんYouTubeも無いので、海外アーティストの映像を気軽に観ることは現在よりもひじょうに難しかった。それで、オレンジ・ジュースがイギリスのテレビに出演した時の映像が20分間ぐらい収録されているようなビデオに何千円も出したりしていたのだが、そうでもしなければ観られなかったし、別に高いとも思っていなかった。あとはグラストンベリー・フェスティヴァルのテレビ中継を収録したビデオとかも買ったような気がする。あと、このビルにはかつてダンス・ミュージック専門のレコード店、DMRがあったが、おそらくそこが現在のHMV record shopである。それから一時期、ULTRAというピンク色のロゴが印象的なレコード店も何店舗かあったと思う。, そのまま真っ直ぐ歩いていくと、かつてタワーレコード渋谷店があった建物がある。当時は1階がジーンズメイトだったと思う。タワーレコードは2階にあって、当初は輸入盤しか扱っていなかったのだが、いつからか3階で邦楽のCDも売るようになっていた。これは渋谷店だけではないのだが、一時期、プレイステーションのゲームソフトも扱っていたと思う(1990年にマルイシティ新宿の地下にオープンしたヴァージンメガストアでもゲームソフトを販売していたような記憶がある)。建物の前には輸入物のビデオを売っているブースのようなものがあったような気もするのだが、記憶が定かではない。タワーレコード渋谷店がかつてあった2階は現在、サイゼリヤ渋谷東急ハンズ前店になっている。, 東急ハンズに面した道を上がっていくと、かつてフリスコやレコファンがあったビルがある。ZESTもノア渋谷からこのビルに移転して営業していたと思う。この近くに一時期、京たこなどのたこ焼き店が3軒並んでいて、若者たちがガードレールの所でよく食べていた。京たこはサイズが大きくて、中がとろとろなのが特徴であった。当時、私が住んでいた幡ヶ谷にも駅の近くの文華堂という書店とレンタルビデオ店を兼ねた店の手前にあってよく買っていたのだが、いつの間にか無くなっていた。当時、渋谷たこ焼き戦争などともいわれ、メディアでも取り上げられていたのだという。道路を左に入って行った奥にシスコやイエローポップといったレコード店があったはずである。シスコはダンス・ミュージックが好きな人たちにとても人気があったが、インディー・ロックも扱ってはいたので取りあえず行って、欲しいものがあれば買っていた。, その途中にモボ・モガという飲食店があり、当時、よく行っていた。メニューとアイスティーのサイズがやたらと大きいのが印象的であった。ここには今年の春に24年ぶりぐらいに行ってカレーを食べたのだが、やはりとてもおいしかった。, 最後に現在のタワーレコード渋谷店である。宇田川町からここに移転したのが1995年なので、もう23年もここで営業していることになる。宇田川町にあった店は1981年にオープンして1995年までの14年間なので、もうとっくにこっちの方が長くなっているのだ。1階入口から上りエスカレーターに乗るまでの感じは当時とあまり変わっていないような気がする。宇田川町にあった頃にもタワーレコード渋谷店には行っていたが、優先順位としてはそれほど高くはなかった。駅から遠いということと、他の店でも買えるものが中心というイメージがなんとなくあった。現在の場所に移転してからはじめて行って、まずその広さに驚いたのだが、個人的には上の方の階で洋書、洋雑誌がたくさん在庫されているのが特にうれしかった。まさに夢のようであった。それまで、洋書は銀座のイエナや六本木の青山ブックセンター、渋谷の大盛堂書店、新宿の紀伊國屋書店などで買っていた。それらに比べると、私が欲しいような本が圧倒的に多い。音楽関連の本だけではなく、文学やサブカルチャー関連も充実しているのがまた良かった。価格も専門店よりも安いような印象があった。ブリットポップのバンド、ドッジーがたまたまインストアライブをやっているのを観たこともあった。確か握手会まであった。, 現在は書籍コーナーが2階になり、カフェと併設されている。当時はカフェが地下にあって、イベントスペースが上の方の階だったような印象があるのだが、違っているかもしれない。5階にはかつて青山学院大学の近くにあった伝説のレコード店、パイド・パイパー・ハウスを復活させたコーナーもある。アナログ・レコードがかなり増えていて、価格もCDよりも高い。中古CDなら数百円で買えるようなタイトルでも、何千円もついていたりする。かつてアナログ・レコードを持っていたアルバムも、当時、より高音質で永久に劣化しないといわれていた(ような気がする)CDに買い換え、アナログ・レコードはDJをやっているという友人に売ったりあげたり、残りも引っ越しの時に段ボール箱に入れてレコファンに送った。このようにアナログ・レコードが再評価される日が来るとは、当時はまったく思っていなかったし、それは多くの人たちにとっても同じであろう。, 渋谷駅の方からセンター街を通って歩いてくると、この手前に門というバーがずっと以前からあって、大人になったら行くのだろうなと思っていたのだが、いまだに行ったことがない。. です。, 重度の腰痛を持ち参拝に訪れた人があっという間に痛みが消えたという逸話も残されています。, 健康から商売繁盛まで、さまざまな願いを叶えてくれるそうなので、この場所に来たらお願いをしてみましょう。, 駅南口から徒歩9分、「森巖寺」の目の前にある坂道を上っていくとたどり着く高台の神社です。, 右手に見える「愛宕稲荷社」は、仕事や人気運をUPさせてくれる稲荷、その隣にある「長栄稲荷」は、長寿や健康にご利益があるそうです。, 日常生活で悩みを抱えている方は、困った時こそ神頼みといわんばかりに、そのご利益にあやかってみましょう。, 地元の方からも愛されているパワースポットに、観光の際はぜひ足を運んでみてください。, 下北沢発のロックバンドとして有名になったバンドも公演経験があるなど、若手ロックバンドの登竜門的な存在のライブハウスです。, 階段を下りて地下に向かうと、一押しバンドや公演を行っているバンドについてのポスターが貼ってあります。, チケットの販売は16:30分からとなっているので、当日にライブを見たいなと思い立った方は、その時間以降に当日券を買いましょう。, 客席とバンドが上がる舞台はすぐ側なので、常に熱気あふれるステージが展開されています。, ライブハウス内に響き渡るギターやベース、ドラムの音に合わせて騒げば、日頃のストレスも忘れられるかもしれません。, その中でも、2000円~10000円ほどの、比較的リーズナブルな価格の洋服を揃えた古着屋が「NEW YORK JOE EXCHANGE」です。, 男湯と女湯の境が、服のジャンルの境になっているなど、当時の内装を生かした陳列がセンスを感じさせます。, 駅北口から徒歩5分、2016年金沢に国内一号店をオープンしたレモネード専門店の都内1号店です。, お店独自の製法で作られるレモンジュース、シロップを使った爽やかなレモネードをテイクアウトでいただけます。, お好みでフレッシュレモンをプラスなどのカスタマイズもできるので、自分好みの一杯を作ることも可能!, レモネードにピーチを加えた「ピーチレモネード」410円(税込)は、レモンの酸味に加え、甘く優しいピーチの香りを感じられる一品です。, 駅南口から歩いて5分、独特の雰囲気を感じられるガレージのような建物が「東洋百貨店」です。, 中には、アクセサリーから雑貨、洋服までさまざまなジャンルのショップが集まっています。, 一見、雑多な雰囲気に感じられますが、女性向きのアクセサリーや洋服も豊富に販売されているので、女子同士でのショッピングにもおすすめです。, 単純な休憩スペースにも、さまざまな装飾を施こして世界観を作り上げるのが下北沢の観光地としての魅力といえます。, 店内を歩いていると次から次へと、さまざまなショップが現れるので思わず目移りしてしまいます。, お店の案内板の役割をしたアートもあるので、初めてこの場所を訪れた方は確認してみましょう。, インスタに載せたくなるような印象的なペイントアートを前に、記念撮影を楽しむのもおすすめの楽しみ方です。, 下北沢の南口から徒歩4分、独自のセレクトで選ばれた映画を上映している「下北沢トリウッド」。, 観光でぐるっと下北沢を巡り、ゆっくり休みながら映画鑑賞を楽しめる観光スポットです。, 平日は基本的に夕方ごろから上映が始まるので、観光の後半に足を運ぶのがおすすめです。, 「下北沢ケージ」は、2016年にオープンした、3年間期間限定のコミュニティスペースです。, 敷地の中にある「アジアン屋台ロンヴァクン」では、ベトナム、タイなどアジア各国の料理を気軽に楽しめます。, 基本的に誰が訪れても無料で、施設の敷地を使う場合は事前に申請すれば自由な使い方ができます。, この場所を使う人によってイベントからパフォーマンスまでさまざまな使い方ができるそうです。, ブランコに乗ってくつろいだり、ベンチに座って休んだりと、下北沢観光の憩いの場となる穴場スポットです。, 下北沢駅周辺は、芸術やアート、古着や雑貨に音楽まで、サブカルチャーといわれるものが盛んな場所です。, そんな下北沢に観光で訪れた際は、そんなサブカルチャーの魅力にどっぷり浸かってみましょう。, 個性あふれるショップの他にも、中心部から少し離れた穴場の神社などもあり、新しさと古さに一度に触れられます。, 観光で味を運んでみたい場所を、紹介した場所の中から見つけてぜひ足を運んでみてくださいね。, ・