2020.11.27. 感染対策の意識向上にはポスター等の掲示物の活用が有効です。 ダウンロード、印刷してご活用ください。 手指衛生関連. エレクトーン曲集: 月エレ掲載曲: Twitter: 更新情報. EXOffice 役立ちツール; 副業ロードマップ ; ドットインストール学習; ポートフォリオサイト(素材) 案件受注; 技術スキルまとめ-備忘録; 不動産関係; ポートフォリオ 公務員アンテナ トップページ; 会社概要. ポスター 一覧. /* */ ひとりごと. 簡易 WBGT計測システム. Windows パソコンを利用する上でのメリットのひとつに「豊富なフリーソフト」があります。フリーソフトを使いこなすのは結構重要です。今回は「ぼくが Windows パソコンを使うなら、必ず入れるガチな超役に立つフリーソフトを10点」ほど紹介します。 [CDATA[ */ システムファイルが行方不明になった場合には、ユーザーが何も操作しなくても、たいていはWindowsが自動的に見つけ出したり、置き換えたりしてくれます。ほとんどの場合、ユーザーはそうした処理がおこなわれたことにさえ気づきません。ですが、そうした機能があっても、システムファイルが壊れてしまったり、不適切なアプリケーションにより誤ったバージョンのシステムファイルがインストールされてしまったりする … 服薬指導や相談の時などに役立つ患者コミュニケーションツールを準備しました。ぜひご活用ください . メルカリ. elb-02とels-02シリーズの互換リスト[pdf]。ボイス、プリセットリズム、ユーザーリズム キット、キーボードパーカッション キットの互換一覧表です。 elb-02互換リストダウンロード. お役立ちツール; エレクトーン用語辞典 ; ×. 手指衛生遵守率チェックシート. エレクトーン用語辞典/エレクトーン曲集用語・記号一覧. 初見の森. ヤマハ音楽教室でエレクトーンが使われている理由 どうしてレッスンではエレクトーンを使うの?(「ぷらトモ」vol.21特集) レッスンでエレクトーンを使う3つの理由(「ぷらトモ」Vol.11 ※バックナンバー一覧よりVol.11をご覧ください) チェックシート. 〈お役立ちツール第2弾〉感染対策を意識した手指消毒の手順 著者:感染対策Online編集部 監修:矢野 邦夫 浜松医療センター院長補佐 矢野邦夫先生監修のもと、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染対策に使える「手指消毒」の手順イラストを作成しました。 USBフラッシュメモリー、スマートメディア内のソングを整理するための保管場所です。フォルダーを作ってソングを保管することで、メディア内のソングを管理しやすくします。, オルガンフルート音色で、どの高さの音をどれくらいのレベルで出すかを決めるレバーです。, エクスプレッションペダル(ボリュームペダル)の左側についているスイッチです。「リズム」「グライド」「ロータリースピーカー(トレモロ効果)」をコントロールすることができます。, エクスプレッションペダル(ボリュームペダル)の右側についているスイッチです。レジストレーションメモリーボタンを設定順にコントロールすることができます。, リードボイス2で上鍵盤を2音以上押さえたとき、先に弾いた音だけを鳴らすか、高い方の音だけを鳴らすか設定します。, 音にうねりをもたせ、回転しているような効果が得られるエフェクトです。STAGEAでは、エフェクトカテゴリー名として使われています。, 8種類のフルートフッテージと3種類のアタックフッテージ等を組み合わせて、オルガンサウンドを作る機能です。STAGEAでは「オルガンフルート」といいます。, リズムを構成するリズムセクションのひとつです。一時的な空白部分を入れることでメリハリをつける効果を持つリズムパターンです。, 「ユーザーリズム」や「リズムシーケンス」など、データを作ることを「プログラムする」といいます。, 市販データの著作権を保護する(=プロテクト)ため、コピーや編集などの操作に制限がかかっているソングをいいます。, ELシリーズのLCDディスプレイ内右上に数字等が表示されている場合に使用するボタンです。関連ページへ表示を変更する場合に使用します。, エレクトーンに内蔵されているボイスの音色や音量を変更して、オリジナルのボイスを作る機能です。, 音色の発音状態(コンディション)を設定する画面のことです。パンやリバーブ、エフェクトなどの設定を行ないます。, ボイスを選ぶときに使用するひとかたまりのボタン群。ボイスボタンとユーザーボタン、BRILLIANCEボタン、VOLUMEボタンで構成される。, 上鍵盤ボイス・下鍵盤ボイス・ペダルボイス・リードボイスに設定されている音色などを確認することができる画面のことです。ディスプレイセレクト内「VOICE DISPLAY」を押すことで表示されます。STAGEAでは、ボイスディスプレイ画面で、各音群のミュートも可能です。, ボイスコンディション画面の設定(ボリュームとブリリアンスを除く)を含めた音色を、1つのボイスとして登録できる機能。, ELシリーズのLCDディスプレイ表示画面を固定するボタンです。ホールドボタン点灯時は、パネル操作を行なっても表示画面は切り替わりません。, ELシリーズのMIDI端子/TO HOST端子を利用した場合に操作するスイッチです。「PC-1」「PC-2」「MIDI」「Mac」の4種類があります。, 複音のことです。ペダルポリモードをオン(ON)にすると、ペダル鍵盤を単音発音の状態から複音発音の状態に変更できます。, 鍵盤を押さえたまま指の重心を左右に動かすことによって行なうコントロールです。音色を変化させてビブラートなどの効果を出すことができます。, マイクを接続する入力端子です。マイクからの音声をエレクトーンのスピーカーから出力させることができます。(標準フォーンジャック), 外部のMIDI対応機器とデータ交信を行う時に接続する端子です。データを送信する時はOUT端子、受信する時はIN端子にMIDIケーブルを接続して使います。, ELシリーズで、フロッピーディスクに演奏やレジストレーションなどのデータを録音・再生できる機能です。フロッピーディスクを挿入する部分を指すこともあります。MDR(エムディーアール)と略していいます。, STAGEAで、USBフラッシュメモリー、スマートメディアなどに演奏やレジストレーションなどのデータを録音・再生できる機能です。MDR(エムディーアール)と略していいます。ELシリーズ用のオプション機器「MDR-5」はUSBフラッシュメモリーにELシリーズの演奏やレジストレーションなどのデータを録音・再生することができます。, 音の鳴らない状態、または音の鳴らない状態にする機能のことです。ELシリーズでは、コースボタンを押しながらボリュームをゼロにすることで、ミュート機能を使用することができます。STAGEAでは、ボイスディスプレイ画面で音群単位でのミュート機能を使用することができます。, STAGEAのリズムセクションの内、基本となるリズムパターンが収められたセクションです。4つのメインセクションがあり、数小節のリズムパターンを繰り返し演奏します。, リズムの打楽器音は、「メインドラム」と「アドドラム」の2つのパートから作られてます。プリセットリズムの場合、メインドラムには、リズムを構成する主な打楽器音が入っています。, 上鍵盤で演奏している音に、下鍵盤で演奏している音を使ってハーモニーをつける機能です。「M.O.C.」と表示されます。, キーボードパーカッションのアサインページで設定した、オリジナルのキーボードパーカッションのことです。, ビブラートの速さや深さなどの設定を変更できる機能です。ボイスコンディション画面で設定します。, 各音群の右端に位置する【1】(または【2】)のボタンです。音群パネルに配置されていない音色やリズムを発音させる場合に使用します。ELシリーズでは「ドットボタン」といいます。, 本体に記録されたレジストレーション(16×最大5バンク)やユーザー音色、ユーザーリズム、シーケンス、KBPアサインキットセットアップなどをまとめて、ソングに保存したデータ。, 誤ってデータを消さないように書き込みを制御する機能です。スマートメディアでは「ライトプロテクトシール」が付属し、フロッピーディスクでは「ライトプロテクトタブ」があります。シールを貼っていない、タブが閉じている状態は書き込み可能です(ライトプロテクトOFF)。シールが貼ってある、タブが開いている状態は書き込み不可能です(ライトプロテクトON)。, リズムパターンを作成する時の入力方法には、「リアルタイム入力(リアルタイムライト)」と「ステップ入力(ステップライト)」の2種類があります。「リアルタイム入力(リアルタイムライト)」とは、鍵盤で弾いた打楽器音がそのままデータとして入力される方法です。, レジストレーションデータのみ再生し、自動的に次のソングナンバーを表示する再生方法です。, 上鍵盤、または下鍵盤で発音させることのできるリードパートの音色です。単音で発音します。, リズムの発音状態(=コンディション)を設定する画面の名称です。リズムボタンを2回押すと表示されます。, あらかじめ指定したタイミングで、リズムパターンやレジストレーションメモリーボタンを切り替えるプログラム機能です。リズムパターンは1小節単位、レジストレーションメモリーボタンは、クロック単位(1拍=96クロック)でプログラムが可能です。ELシリーズではリズムパターンのみプログラムが可能です。, 打楽器音を入力することで、リズムパターンを作成する機能です。内蔵されているリズムを編集したり、オリジナルのパターンをつくることもできます。, 演奏を再録音する機能です。演奏データのデリート(削除)操作を行わずに再び録音することができます。STAGEAでは「やり直し」と表示されます。, パネル/ボイスコンディション/オルガンフルート(フルートボイス)/エフェクト/リズム/キーボードパーカッション, 広い部屋やコンサートホールで演奏しているような、音が響きわたる効果を得ることができます。, スマートメディアやフロッピーディスクに記録されている演奏データを連続して再生させることができます。STAGEAでは、「すべて(指定したフォルダー内の全曲を繰り返し再生)」「シングル(指定したソングを繰り返し再生)」「ランダム(指定したフォルダ内の全曲を任意の順番で繰り返し再生)」から再生方法を選択します。ELシリーズでは、「ALL(全曲を繰り返し再生)」「SINGLE(指定したソングのみを繰り返し再生)」から再生方法を選択します。, ボイスエディット機能で変更できる音色パラメーターのひとつです。鍵盤から指をはなしたあと、出力レベルが0になるまでの速さを設定します。, MDRの機能のひとつで、レジストレーションデータや演奏データを録音する際に使用します。STAGEAでは「録音」と表示されます。, 上・下・ペダル鍵盤へ設定した音色、エフェクト、リズム、自動伴奏などの情報のことです。, あらかじめ指定しておいたタイミングでレジストレーションメモリーボタンを切り替えるプログラム機能です。クロック単位(1拍=96クロック)で切り替えることができます。, 右フットスイッチで、レジストレーションメモリーボタンを切り替える機能です。「シフト」「ジャンプ」「ユーザー」のモードがあります。※シフト:右フットスイッチを押すたびに、レジストレーションメモリーが一つずつ右に移動します。, 作成したレジストレーションを、レジストレーションメモリーボタンへ記憶させる機能です。記憶させたレジストレーションはボタンを押すだけで簡単に再現させることができます。, オルガンフルート(フルートボイス)鍵盤を弾いたときの応答の速さを設定します。発音を遅くすると、パイプオルガンのような効果を得ることができます。, カットオフ周波数付近の倍音(高調波)を強めます。値が大きいほどクセのある音色になります。, スピーカーを回転させて得られるような、豊かで広がりのある効果(トレモロ効果)を作り出すエフェクトを集めたエフェクトカテゴリー名です。, 音色(音の明るさ)が 周期的に変化する効果が得られるエフェクトを集めたエフェクトカテゴリー名です。「ワウ、ワウ」という音色効果を作り出します。, 鍵盤を押さえた後、さらに押さえつけるタッチによって行なうコントロールです。このタッチの強弱により、音量や音質がコントロールできます。, ELシリーズに搭載されているFM音源の音色を作るユニット(オペレーター)の組み合わせパターンです。, 実在する音をデジタル録音し、そのデータを電子楽器の音源として再現したヤマハ独自の音源技術です。, STAGEAでは、複数の音が同時になっているような、サウンドに奥行きや厚みを与えるエフェクトを集めたエフェクトカテゴリー名です。, 「リズムプログラム」「レジストレーションシフト」「キーボードパーカッション」などで入力したデータを消去する場合に使用します。, ELシリーズのLCDディスプレイで表示される細かな設定値を早く変更させたい時に利用します。, 音楽信号を遅らせることで、時間差をおいて繰り返しエコー効果が得られるエフェクトです。, 各プログラム機能でデータ編集時、すでに入力済みのデータを削除する場合に使用します。, フロッピーディスクに保存されているすべての情報を、異なるフロッピーディスクへコピーする機能です。, ELシリーズにて作成したレジストレーションデータや演奏データを、STAGEAで使用できるデータ形式に簡易的に変換する機能です。, STAGEAにて作成したレジストレーションデータや演奏データを、ELシリーズのエレクトーンで使用できるデータ形式に簡易的に変換する機能です。, 曲の後奏部分です。STAGEAでは、「エンディングボタン(1~3)」を押すことで、設定されているリズムのエンディングパターンが発音します。, 音をいくつかの周波数帯域に分けて、各帯域のレベルを増幅または減少することで、音質を補正する機能です。STAGEAのボイスエディットでは、ロー(低周波数)、ハイ(高周波数)の2つの帯域をコントロールすることができます。, 特定の周波数帯域の音量を変化させて、音場を表現するエフェクトを集めたエフェクトカテゴリー名です。, 高い周波数のレベルを増幅または減少して、音質を変える機能です。「ハイフリケンシー」で変化させたい周波数を設定し、「ハイゲイン」で信号量をコントロールします。, 低い周波数のレベルを増幅または減少して、音質を変える機能です。「ローフリケンシー」で変化させたい周波数を設定し、「ローゲイン」で信号量をコントロールします。, ELシリーズに搭載されている音源のひとつです。周波数を変調することで音作りを行うヤマハ独自のデジタル音源技術です。, エクスプレッションペダル(ボリュームペダル)の左側についているスイッチです。「リズム」「グライド」「ロータリースピーカー(トレモロ効果)」をコントロールすることができます。, エクスプレッションペダル(ボリュームペダル)の右側についているスイッチです。レジストレーションメモリーボタンを設定順にコントロールすることができます。, ELシリーズのLCDディスプレイ表示画面を固定するボタンです。ホールドボタン点灯時は、パネル操作を行っても表示画面は切り替わりません。, 鍵盤を叩くときのタッチによって行なうコントロールです。このタッチの強弱により、音量や音質がコントロールできます。, MIDIコントロール画面で表示された項目のコントロールをエレクトーン側で行なう場合に設定します。, 曲の前奏部分。また、前奏に適したリズムパターンです。STAGEAでは、「イントロボタン(1~3)」を押すことで、設定されているリズムのイントロパターンが発音します。ELシリーズでは、「イントロ/エンディング」ボタンを押すことで、リズム停止中はイントロパターン、リズム動作中はエンディングパターンが発音します。, 低い周波数の信号を発生する発振器です。LFOから発振された低周波で、ピッチをふるわせてビブラート効果をかけたり、音質をふるわせてワウワウ効果をかけたり、音量を揺らしてトレモロ効果をかけたりといった使い方ができます。, LFOで音量を周期的に変化させます。値が大きいほど、音量の変化幅が大きくなります。, LFOから発振される信号の速さを設定します。値が大きいほど、スピードが上がります。, LFOでピッチを周期的に変化させます。値が大きいほど、ピッチの変化幅が大きくなります。, LFOでフィルターのカットオフ周波数(フリケンシー)を周期的に変化させます。値が大きいほど、変化幅が大きくなります。, 上鍵盤で演奏している音に、下鍵盤で演奏している音を使ってハーモニーをつける機能です。, ELシリーズでは、ボイスエディット操作すると、LCDディスプレイ上に「アルゴリズム」が表示されます。ここにつながって表示されている1~4(5~8)が「オペレーター」です。このオペレーターのうち、最下線と直につながっている数字を「キャリア」、キャリアから上につながっている数字を「モジュレーター」といいます。モジュレーターがキャリアをFM変調することで、新しい倍音を生み出します。, STAGEAでは、1つのソング内に複数のレジストレーションデータを保存した場合に、フットスイッチ操作でそれらを次々に読み込む機能です。, フロッピーディスクに記録されている次のソングナンバーのレジストレーションデータを、右フットスイッチ操作で読み込む機能です。, フロッピーディスクに記録されている次のソングナンバーのレジストレーションデータとユーザーボイス、VAカスタム音色を右フットスイッチ操作で読み込む機能です。, 音色の基になる信号を発生するユニットです。ELシリーズのFM音源は、オペレーターを組み合わせることによって作られています。, 上・下・ペダル鍵盤へ設定した音色、エフェクト、リズム、自動伴奏などの設定情報のことです。, 右フットスイッチで、レジストレーションメモリーボタンを切り替える機能です。「シフト」「ジャンプ」「ユーザー」のモードがあります。, ボイスエディット機能で変更できる音色パラメーターのひとつです。鍵盤から指をはなしたあと、出力レベルが0になるまでの速さを設定します。, オルガンフルート(フルートボイス) 鍵盤を弾いたときの応答の速さを設定します。発音を遅くすると、パイプオルガンのような効果を得ることができます。, 指定したソングの情報を消去する機能です。STAGEAでは「ソング削除」と表示されます。※スマートメディアやフロッピーディスクに記録されているすべてのデータを消去する場合は「フォーマット(初期化)」をご利用ください。, コンビューターとMIDI接続するための端子です。シリアルケーブルで直接コンピューターのシリアルポートと接続することができます。コンピューターの種類に合わせてホストセレクトスイッチを選択します。, STAGEAには、USBフラッシュメモリーなどのUSB機器を接続する場合に使用する「USB TO DEVICE」端子(Aタイプ)と、コンピューターにつなぐ場合に使用する「USB TO HOST」端子(Bタイプ)があります。, MIDI接続するための端子です。USBケーブルで直接コンピューターのUSB端子と接続することができます。, 仮想の楽器を本体内に設計し、その楽器に振動が伝わる様子をシミュレーションすることで音を作り出します。, VAボイス(リードボイス2)をエディットしてつくるオリジナルボイスです。カスタムボイスともいいます。. エレクトーン占い 新常態お役立ちツール集 ; 新常態お役立ちツール集 New Normal tools. /* ]]> */. ポスター . お役立ちツール. カラオケのエコーのような効果を与えるエフェクトを集めたエフェクトカテゴリー名です。, MIDIの送信チャンネルを設定します。ここで設定したチャンネルで各鍵盤の演奏データを送信できます。, ELシリーズに搭載されているFM音源の各オペレーターとAWM音源が、音声信号または変調信号を出力するレベルです。「OL」と表示されます。, リズムパターンプログラムでユーザーリズムをつくる際に、登録済み(既存・自作問わず)のリズムのセクションから、選択したパート(メインドラム・アドドラム・コード1.2・パッド・フレーズ1.2・ベース)をコピーし、オリジナルリズムに取り込むことができる機能です。, ボイスエディット機能で変更できる音色パラメーターのひとつです。音の立ち上がりの音量変化、または音色変化の速さを変更する場合に調節します。, STAGEAのリズムの打楽器音は、「メインドラム」と「アドドラム」の2つのパートから作られています。プリセットリズムの場合、アドドラムには「タンバリン」や「トライアングル」などの付加的な打楽器音が入っています。, 鍵盤を押さえた後、さらに押さえつけるタッチによって行なうコントロールです。このタッチの強弱により、音量や音質がコントロールできます。STAGEAでは、音程もコントロールすることができます。, ELシリーズに搭載されているFM音源の音色を作るユニット(オペレーター)の組み合わせパターンです。, 鍵盤を叩くときのタッチによって行うコントロールです。このタッチの強弱により、音量や音質がコントロールできます。, 各プログラム機能でデータを編集する時、すでに作成済みのデータの間に、新たに挿入(追加)する場合に使用します。STAGEAでは「挿入」と表示されます。, MIDIコントロール画面で表示された項目のコントロールをエレクトーン側で行う場合に設定します。, MIDIコントロール画面で表示された項目のコントロールを外部機器で行なう場合に設定します。, ELシリーズの打楽器には、「ノーマルセット(NORMAL)」と「エクステンドセット(EXTEND)」の2種類のセットがあります。エクステンドセットには、和楽器や掛け声、アナログ楽器音などが割り当てられています。, USBフラッシュメモリー、スマートメディア、フロッピーディスクなど、楽器が使用可能な記録メディアに記録した演奏のことです。, 曲の終止部分です。STAGEAでは、「エンディングボタン(1~3)」を押すことで、設定されているリズムのエンディングパターンが発音します。ELシリーズでは、「イントロ/エンディング」ボタンを押すことで、リズム停止中はイントロパターン、リズム動作中はエンディングパターンが発音します。, リズム機能のひとつです。リズムパターンの4小節目や8小節目を自動的に変化させる機能です。, リズムと連動して、演奏に合わせて自動伴奏を付ける機能です。「A.B.C.」と表示されます。, オプティカルケーブル(光ケーブル)タイプのデジタル出力端子です。デジタル信号(周波数44.1kHz)で出力されます。, 音色の基になる信号を発生する発信機です。ELシリーズのFM音源は、オペレーターを組み合わせることによって作られています。, 9種類のフルートフッテージと3種類のアタックフッテージ等を組み合わせて、オルガンサウンドを作る機能です。ELシリーズでは「フルートボイス」といいます。, ボイスを選ぶときに使用するひとかたまりのボタン群。ボイスボタンとユーザーボタン、BRILLIANCEボタン、VOLUMEボタンで構成されます。, オートベースコードのモードのひとつです。下鍵盤で弾くコード(和音)とは別に、ペダル鍵盤を1音押さえるだけでベース伴奏を付けることができます。, ELシリーズの上鍵盤の左に位置する、縦に並んだ5つのボタンには、レッスンや練習、演奏に適した5種類の基本的なレジストレーションが設定されています。, ELシリーズでは、ボイスエディットを操作すると、LCDディスプレイ上に「アルゴリズム」が表示されます。ここにつながって表示されている1~4(5~8)が「オペレーター」です。このオペレーターのうち、最下線と直につながっている数字を「キャリア」、キャリアから上につながっている数字を「モジュレーター」といいます。モジュレーターがキャリアをFM変調することで、新しい倍音を生み出します。, リズムパターンを作成する際に、各打楽器音を入力するときの音符の長さを設定します。クオンタイズの値は、音符で表示されています。, 左フットスイッチを押すと音程が半音下がり、フットスイッチから足を放すとゆるやかに元の音程に戻ります。, 「リズムプログラム」「レジストレーションシフト」「キーボードパーカッション」などで入力したデータを消去する場合に使用します。STAGEAでは「消去」または「全消去」と表示されます。, 音符が実際に発音する長さのことです。例えば、4分音符といっても、スタッカートで弾く場合や、テヌートで弾く場合があります。このような「実際に音符を弾く長さ」をゲートタイムといいます。, STAGEAでは、複数の音が同時になっているような、サウンドに奥行きや厚みを与えるエフェクトを集めたエフェクトカテゴリー名です。ELシリーズでは、人間の「声」をイメージした音色の名称です。, 著作権保護のため、複製や書き換えを禁止するための処理です。市販のELシリーズ対応曲集に付属されているフロッピーディスクや購入したSTAGEAデータなどは、コピープロテクト(複製不可)処理がされています。, USBフラッシュメモリー、スマートメディア、フロッピーディスクなどへ記録した演奏データの一部で、鍵盤演奏以外(パネル操作やフットスイッチ操作、ニーレバー操作など)の情報のことです。, あらかじめ、再生する順序をプログラムしておく機能です。STAGEAでは、「リズムパターン」「レジストレーションメモリーボタン」を、ELシリーズでは、「リズムパターン」をプログラムすることができます。, ELシリーズのMDRの操作ボタンのひとつです。ボタンの下に表示されている緑色の文字の機能を活用する場合に使用します。, オートベースコードのモードのひとつです。下鍵盤を1~3音押さえるだけで、自動的にコードとベースの伴奏を付けることができます。, リズムスタートには、「スタートボタン」と「シンクロスタートボタン」の2種類があります。「シンクロスタート」は、下鍵盤・ペダル鍵盤の何れかの鍵盤を押したタイミングと同時に、リズムをスタートさせることができます。, リズムパターンを作成する時の入力方法には、「リアルタイム入力(リアルタイムライト)」と「ステップ入力(ステップライト)」の2種類があります。「ステップ入力(ステップライト)」とは、ひとつひとつの音を順番に指定して入力する方法です。, 自然なアコースティック楽器の音を再現するため、鍵盤の弾き方や左フットスイッチの操作に応じて繊細な表情が付加されるボイス。, ELS-01シリーズで採用されていた薄型のメモリーカード。現在は生産されておらず、レジストデータの保存にはUSBフラッシュメモリーを推奨しています。ELS-01シリーズはバージョンアップによりUSBフラッシュメモリーが使用可能になっています。, 音程の異なる二つ以上の音を滑らかに繋げる「ポルタメント」のような効果を加えることができます。リード音群に設定することが可能です。, 各プログラム機能を利用して作成したオリジナルデータを保存する場合に使用します。STAGEAでは「保存」と表示されます。, 「ピッチベンド」や「テンポ」をリアルタイムにコントロールすることができるペダルです。, STAGEAのリズムパターンには、「メイン」「イントロ」「エンディング」「フィルイン」「ブレイク」などのバリエーションがあります。これらのバリエーションのことを「セクション」といいます。, ニーレバーを操作することで、リードボイス2の音だけを上鍵盤で演奏することのできる機能です。, USBフラッシュメモリー、スマートメディアやフロッピーディスクに保存する1曲分のデータのことです。, ELシリーズでフロッピーディスクのソングナンバーを選択する[<<][>>]ボタンのことをソングセレクトボタンといいます。シフトボタンを押しながら、ソングセレクトボタンを押すと、フロッピーディスクの再生テンポを変更することができます。, ELシリーズでは、演奏を始めるためのカウントをする機能です。イントロエンディングボタンを押しながらリズムをスタートさせると、1小節のカウントが発音します。, 鍵盤を押さえる力に応じて、ビブラートをコントロールする機能です。ボイスコンディション画面で設定します。, すでに入力済みの打楽器音を、異なる打楽器音へ置き換える場合に使用します。STAGEAでは「変更」と表示されます。, 各音群のピッチを微妙に上下させる機能です。チューンを設定することで、音に厚みを加えることができます。, ボイスエディット機能で変更できる音色パラメーターのひとつです。エレメントのピッチを微調整します。, ボイスエディット機能で変更できる音色パラメーターのひとつです。最大の出力レベルから(鍵盤を押さえている間、鳴り続ける)一定のレベルに達するまでの速さを設定します。, レジストレーションナンバーの右端にある〔D.〕ボタンです。〔D.〕ボタンをオンにすることで、リズムのテンポやパターン、自動伴奏の設定が一定になります。, フロッピーディスクに保存されているすべての情報を、異なるフロッピーディスクへコピーする機能です。※コピープロテクト処理が施されているフロッピーディスク情報はディスクコピーできません。, 過大入力をしたときに音が歪む原理をシミュレートしたエフェクトです。STAGEAでは、エフェクトカテゴリー名として使われています。, LCDディスプレイ右にある「VOICE DISPLAY(ボイスディスプレイ)」や「FOOT SW.(フットスイッチ)」などのボタンの総称です。, 音楽信号を遅らせることで、時間差をおいて繰り返しエコー効果が得られるエフェクトです。STAGEAでは、エフェクトカテゴリー名として使われています。, STAGEAのLCDディスプレイに表示される数値やスライダーなどを操作するためのダイアルです。, ELシリーズのLCDディスプレイの下、または左右にあるボタンの総称です。 ディスプレイに表示されている内容を選択する場合に使用します。, 各プログラム機能でデータ編集時、すでに入力済みのデータを削除する場合に使用します。STAGEAでは「削除」と表示されます。, リードボイス・ペダルボイス音群の右下に位置するボタンです。トゥーロワーボタンを点灯させることで、リードボイス・ペダルボイスを下鍵盤で発音させることができます。, ストリングスと木管アンサンブルをイメージした音や、ビックバンドのような幅広い音域のブラス音色などがあります。, 各音群の最右に位置する【1】(または【2】)のボタンです。音群パネルに配置されていない音色やリズムを発音させる場合に使用します。STAGEAでは「ユーザーボタン」といいます。, 音量を周期的に変化させ、音に回転感を加えるエフェクトです。STAGEAでは、様々なトレモロや音が前後左右に移動するようなエフェクトを集めたエフェクトカテゴリー名として使われています。, ひざで操作するレバーで、上・下鍵盤のサステイン、メロディオンコード、リードスライド、ソロ機能(ソロモード)を切り替える場合に使用します。, ELシリーズで、フロッピーディスクに記録されている次のソングナンバーのレジストレーションデータを、右フットスイッチ操作で読み込む機能です。, ELシリーズで、フロッピーディスクに記録されている次のソングナンバーのレジストレーションデータとユーザーボイス、VAカスタム音色を右フットスイッチ操作で読み込む機能です。, ELS-01シリーズで、1つのソング内に複数のレジストレーションデータを保存した場合に、フットスイッチ操作でそれらを次々に読み込む機能です。, ELS-02シリーズで、1つのソング内に複数のレジストレーションデータを保存した場合に、レジストレーションシーケンスまたはフットスイッチ操作でそれらを次々に読み込む機能です。, ボイスエディット機能で変更できる音色パラメーターのひとつです。エレメントのピッチを、半音単位で移調します。, ボイスエディット機能で変更できる音色パラメーターのひとつです。エディット中のエレメントを発音させる音域を設定します。, ELシリーズの打楽器には、「ノーマルセット(NORMAL)」と「エクステンドセット(EXTEND)」の2種類のセットがあります。ノーマルセットには、ドラムやシンバルなどの主な打楽器音が割り当てられています。, レジストレーションメモリー情報、ユーザー情報などのすべてを消去(リセット)し、初期状態に戻すことができます。STAGEAでは「初期化」といいます。, ステレオ出力による楽器音の左右の発音位置を設定する機能です。(エフェクト設定時は、パン設定画面は表示されません。)STAGEAではエフェクトとの同時設定が可能です。, レジストレーションメモリーのナンバーボタン1~16に記録された16個のレジストレーションのまとまり。本体には最大5バンク(A~E)まで記録できる。, 音程を上下に連続してスライドさせる機能です。セカンドエクスプレッションペダルで操作します。, ソングを構成するデータのひとつひとつをファイルといいます。ひとつのソングにはレジストレーション情報のファイル、演奏情報のファイルといった複数のファイルが入っています。, 各音群ごとに鍵盤で発音可能な音域を設定します。パイプオルガンのパイプの長さに由来する音程の表し方で(1フィート≒30cm)、パイプが2倍の長さになると音は1オクターブ低くなります。, リズムを構成するリズムセクションのひとつです。曲の流れに区切りをつけて演奏を盛り上げる、1小節のリズムパターンです。, オートベースコードのモードのひとつです。下鍵盤でコード(和音)を押さえるだけで、自動的にコードとベースの伴奏を付けることができます。. 手指消毒ポスター. A8.netで使えるお役立ちツールをご紹介します。ツールを使って快適にアフィリエイトをしましょう! ※A8.netのツールを利用する際は、A8.netにログインする必要があります。 A8アプリ; セルフバック ホーム > jet全日本エレクトーン指導者協会: 生徒募集ツールのご案内. キーボードを押すと「ド」「レ」「ミ」とか音が出るように、エレクトーンみたいにできるようなソフトとかってかってないでしょうか?詳しい人、よろしくお願いします。この場合、パソコンのキーボードを使って音を鳴らしたいということで チェックシート. 事業紹介; 沿革; アクセスマップ; 商品紹介. 勉強会動画. jet会員の皆様へ 生徒募集ツールのご案内 . プレゼンテーションの ヒント. 糖尿病用服薬指導ツール. ■機械割・時給 【通常】 機械割……98.9%~107.2% 時給……-495円~3240円 【フル攻略】 機械割……103.0%~110.0% 時給……1350円~4500円 ■ボーナス確率 異色BIG……1/8192.0~1/3120.8 チェリー+REG……1/5461.3~1/2520.6 チェリー以外+REG……1/546.2~1/508 ■通常時の小役確率 9枚役揃い……1/12.76~1/11.73 単独チェリー……1/26.3~1/23.4 単独スイカ……1/47.6~1/41.5 ■ART中の小役確率 単独共通9枚役…… 入会対象期間: 2019年4月1日~2020年3月31日. お役立ちツール. エレクトーンの音色や、演奏データをUSBやフロッピーなどのメディアに保存していると膨大な数になってしまう時ってありますよね。, 「使いたい時にすぐ見つけられない」「複数のメディアを持っていて、何がどこにあるのかわからない」イライラは募るばかり…, そんな時、知り合いから教えてもらった方法が、エレクトーンのデータを整理する方法でした。, 知り合いに教えてもらったこの方法でメディアの管理をした結果、あらゆる量のデータをすぐに探し出す事ができるようになりました。, 今回は、エレクトーンのステージアで、音色や演奏データを整理する方法を解説していきたいと思います。, メディアの種類を選択する画面に切り替わります。画面に表示されている「USB-FD01」はフロッピーディスクのことを指します。「USB 01」はUSBメモリのことを指します。, 選ばれたところがオレンジ色に表示されました。オレンジ色に表示されたところをもう一度タッチするか、右側にある「中に」をタッチします。, メディアの中に入っているデータが、画面に表示されました。「ツール」ボタンをタッチしてから、「名前変更」ボタンを押します。, USBメモリには膨大な数の曲を記録することができます。そのため、保存した曲の数が増えると、使いたい曲を探すのが大変になります。, 「フォルダー」を作成する事によって、複数の曲のデータを、カテゴリーごとに分類することが可能になります。これにより、どの曲がどこにあるのか、すぐに見つけられるようになります。いわゆる、整理箱のようなものです。新しいUSBメモリを使い始めたばかりの時は、保存する曲の数が少ないので「フォルダー」がなくても大丈夫です。, しかし、今後保存する曲数が増えた時のために、「フォルダー」は作成しておいた方が良いでしょう。, 上記の記事の「作成したデータに名前を付ける方法」で紹介した、STEP1~4の手順を行う。, 「ツール」ボタンをタッチします。オレンジ色に表示されてから、「フォルダー作成」ボタンをタッチします。, フォルダーの名前を考えて、入力していきます。終わったら、「OK」ボタンを二回タッチします。, フォルダーが不要になった場合、消去することができます。上記の画面の状態で、「削除」ボタンをタッチします。その際に、フォルダーの中身も消去されてしまうので注意して下さい。, このように、エレクトーンのステージアで使用するデータを整理する方法は2種類あります。, 一つ目は、「作成したデータに名前を付ける方法」、そして二つ目は、「曲をカテゴリー別に分けてデータを見やすくする方法」です。, Copyright © 2020 エレクトーン・シンガーソングライター♪♪♪望月美弥オフィシャルサイト All rights Reserved. USBフラッシュメモリー等のメディアをエレクトーンで使用できる形式にする作業です。新しい記録メディア(無記録)をご利用の際は、エレクトーンにてフォーマット(初期化)を行い、ご使用ください. お役立ちツール. [mixi]エレクトーン 楽譜作成ソフト 楽譜作成ソフトをお使いの方いらっしゃいますか? どのソフトをお使いでしょうか? どんな編成でどんな曲を書かれていますか? 私は、finale2001年度版を使っています。 私は、エレクトーン、ピアノ、管楽器、弦 手洗いポスター. ミュージック プログラミング教室: エレクトーン探検. プレゼンテーションの ヒント. 年間を通じて「入会記念レッスンバッグ」と「紹介プレゼント」を ご用意しています。 入会記念レッスンバッグ. 勉強会動画. 濃厚接触者 追跡ツール. rpa業界価格最安値で操作性も良く機能も充実。高性能な画像解析が特徴でocrにも対応、独自のaiが最適なタスクをご提示。ここではrpaのお役立ち情報「導入実績豊富なrpaツールを徹底比較!おすすめはどれ?」を掲載しています。 患者コミュニケーションのお役立ちツール. TOP(A8サポートガイド) > お役立ちツール. エレクトーンのフットスイッチの使い方~レフト編~ エレクトーンのツール機能を使ってデータをコピーする方法; エレクトーンの演奏をデータ化して保存する方法; エレクトーンの「シーケンス」の音色の作り方~ステージア編~ エレクトーンのツール機能を使ってデータをコピーする方法; エレクトーンのデータを管理するツールの使い方~フォルダー作成編~ エレクトーンの演奏をデータ化して保存する方法; エレクトーンの「シーケンス」の音色の作り方~ステージア編~ var tocplus = {"visibility_show":"show","visibility_hide":"hide","width":"95%"}; 製品情報 ピアノ・電子ピアノ エレクトーン・キーボード 管楽器・吹奏楽器 ギター・ベース・アンプ ドラム 弦楽器 マーチング楽器 コンサートパーカッション 学校用楽器・機器 ホームシアター・オーディオ シンセサイザー・音楽制作 プロオーディ 貧乏父さん: エレクトーン博物館: お役立ソフト: 友達の輪. 【フリースコアの新曲『The Entertainer』】 エレクトーン内蔵の音色とリズムを使って気軽に演奏が楽しめる、『STAGEA ELB-02 レジストレーションメニューで弾けるフリースコア』に新たな1曲が追加さ … エレクトーンやピアノで表現力をつけるために、私がやった3つの方法; エレクトーンのリバーブとサステインを使って心地よい響きにしよう! エレクトーンの構造〜「リズム、効果音」について〜 エレクトーンの構造~「パネルの音色」のボタンについて~ /*